2009年01月28日

初獲得品/矢原加奈子

090128_1444~0001.jpg
写真を撮っては

フォトコンテストに出品したりしている2009年である。

いや2008年もやっていたのだが
発表が1月にあったもので、しゃかりきに今年がんばっている様に
思うだろうがそうではない。

コンテストに出品するからにはそれなりのクオリティなのだろうと
思うだろうが、これがまた難しい。

納得の、渾身の一枚は奇跡に近いのだ。

その奇跡に出会うべくシャッターを切るが
写真の神様はそうやすやすと撮らせてはくれない。

釣りはやらないが
釣りに近いかもしれない。

待っても待っても釣れない時は釣れない。

シャッターチャンスもそうである。

そして諦めた時にすべてが終わる。

うまいへたももちろんあるが
ある種の情熱が何よりも大事だと思う。

写真はコンテストの参加賞。

あちこちにいろいろ出品しているが
物をもらったのは初めてである。

どーんと賞金が欲しいは欲しいが

誰にも撮れないもの、私にしか書けないもの
我々にしか作れない作品。

そういうものに心引かれるのである。

それが誰かの胸に刺されば
何よりも嬉しく幸せであると思うのであった。
posted by セクシー寄席 at 14:45| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 【セクシー寄席のエッセイ2007】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつ どこで どんなタイミングで現れるか分からないシャッターチャンス。
そのためにいつも感覚を研ぎ澄まし、感性のアンテナを広げておく。

写真に限らず、そんな無謀とも思える行動が出来る人が、人生のチャンスも掴む事になるんでしょうね。
矢原さんはそれができる人だと思います。
私は大好きです(#^-^#)
Posted by なまこもち真面目版 at 2009年01月29日 20:28
なまこもち真面目版さま

なんちゅう嬉しいコメント!!!
ありがとうございます。

どちらかというと

人生のチャンスやらタイミングやらを
ボーッと見過ごしてしまうのが私の基本。

ボーッとしている間、何をしているのかというと
恐らくうまく行かないかもしれない未来に
ぶつからない様にしているのだと思う。

イカン

イカンなぁ。

そんな事を思いながらまた
ボーッとする私。
Posted by 矢原加奈子 at 2009年01月30日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。